チョークアート・チョークアートアーティストの資格と仕事

CAA 日本チョークアーティスト協会主催 チョークアート展2011

大阪・ギャラリー御堂筋にて開催(12月2日~7日)

今年は、12月開催とあって、色づくのが例年より遅かった御堂筋の銀杏並木もこのチョークアート展を待っていたかのように鮮やかに彩り始め、街全体が、まるでチョークで描かれたようなロマンティックな雰囲気の中、華やかな開催となりました。今年のテーマボードは、役員の大島先生が描いて下さいました。柊のリースになんともかわいいネズミ・・癒されます!
【搬入当日(12/1)】
例年通り、協会員有志の皆さんで、莫大な段ボール箱と格闘の結果、徐々に一枚一枚渾身の作品たちが、梱包を解かれて、その姿を現していきました。

クリスマスのディスプレイにも余念がありません。(笑)スタンバイOK!!
さぁ~~明日からの開催を待つばかりとなりました。

【開催初日(12/2)】
開場は、AM11:00~本日は、平日ということもあって、ゆるやかに~穏やかに~始まりました!!
お客様も、じっくりひとつひとつの作品をご覧頂いてる様子・・
年々、出品数も増え、作品自体のクォリティーもレベルアップしており、大変見ごたえのあるグループ展となりました。ちなみに今回の出展数は、124点と過去最多でございます!

夕暮れになり、いよいよお待ちかねの受賞作品の発表、表彰式の時間となりました。
今年も9点の受賞作、同じチョークで描かれているのにどうしてこんなに繊細な表現が出来るのでしょうか?
どれも素晴らしい作品でした。受賞者の皆様、おめでとうございます。

尚、プレゼンターとして、協賛いただきました
ホルベイン工業株式会社 吉村会長様、
ホルベイン画材株式会社 川見社長様、
ヴォーグ学園取締役 泉様に
ご出席いただき表彰式を開催させて頂きました。
お忙しい中、ご協力いただきまして、誠に有難うございました。

【受賞作品の一覧はこちら】

【オープニングパーティー in ギャラリー御堂筋】
はい!表彰式の後のお楽しみは、毎年恒例となりました"BOTTGA BLUE"のオーナーシェフ・・BOTTEGA DA YOSHIKO (ボッテガダヨシコ)の大島淑好先生のご主人による、本格イタリアンのフィンガーフードでの、パーティーのはじまりぃはじ まりぃ~~シャンパンでの乾杯で、パーティーの幕がきられました。みなさん、思い思いにお目当てのお料理に群がってましたよ~~
かわいいハンバーガーに釘付けになってしまいました。
味は、もちろんのこと、ビジュアルって、大切ですよね!
毎年、おいしいお料理を提供して頂き、誠にありがとうございま~~す。

【チョークアート体験レッスン(12/3・4)】
土曜・日曜は、毎年大人気の体験レッスンが行われました!
今年のデザインは、認定講師の車田先生による"ポインセチア"でした。
ぐぅ~~と大人っぽいデザインですね~~

お客様も熱心に根気よく取り組んでおられたのが印象的でした。
チョークを持つ手は、真剣そのもの・・
日曜日は、大盛況で、時間待ちいただく場面も・・
これが、お部屋に飾ってあれば、ワンランク上のクリスマスが過ごせそうですよね~~。
今年の体験レッスンを惜しくも受けられなかったお客様!!
来年は是非、体験してみてくださいね~~
【後半~そして搬出】
土日とは、打って変わって・・
後半の3日間は、なんともゆっくりと時間が過ぎて、お客様も思い思いに作品をご覧頂いてる様子で、ふと立ち寄って、初めてチョークアートをお知りになったお客様に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
こうして6日間の展示会も最終日となり、荷物の梱包作業も終わり、最後の記念写真をそれぞれの元に帰っていく荷物とともにパチリ!

来年もさらにレベルアップされたグループ展にできるよう、今からまた、新たな気持ちで、チョークアートを頑張っていきたいな~と強く思っております。
そして、チョークアートをもっと広く、皆様に知っていただけるよう協会員・協会認定講師・役員一丸となって、日々の活動に励んでいきたいと考えております。

今回もご協賛いただきました
ホルべイン工業株式会社様・ホルべイン画材株式会社様・株式会社日本ヴォーグ社様、本当にありがとうございました!!
そしてCAA会員の皆様、お疲れ様でした!
それから、最後に心を込めてこのメッセージを送ります。

<編集後記>
今回この記事を書かせて頂きましたのは、この度CAA広報を担当させて頂くことになりました"Keity Bless"の河合と申します。
何かといたらないことも多いかと思いますが、今できる精一杯で、頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します。
尚、この記事に掲載している写真は、一部協会ブログ等から引用させて頂いております。何卒、ご了承頂きますようお願い致します。