チョークアート・チョークアートアーティストの資格と仕事

このチョークアーティストに聞きたい!

今回、インタビューのトップバッターは、大阪を中心に看板制作とチョークアート教室を運営、多くの生徒さんを抱える佐々木陽子先生です。

チョークアーティスト 佐々木陽子さん
第4期協会認定講師
チョークアート sun child主宰
-------佐々木陽子先生、こんにちは。 (佐々木)こんにちは。 -------今回は初回ということで、緊張されるかと思いますがよろしくお願いいたします!
さて、さっそくですが、佐々木先生がチョークアートをはじめたきっかけは何ですか?
(佐々木)黒をバックに描かれた、とっても色鮮やかな色調に惹きつけられました。-------そうなんですね! ではその後、講師(インストラクター)になりたいと思ったきっかけは何ですか? (佐々木)チョークアートを描いている時間はあっという間で、無我夢中になってしまうほど楽しいです。
皆様にもそう思ってもらえるきっかけを作れたらいいなぁって思いました。
--------素敵ですね~!では今どのくらいの生徒さんを教えていらっしゃるんですか?
お教室は週に何日開催されているのですか?
お休みはあるんですか?毎日の睡眠時間は??色々、お聞かせください!
(佐々木)今は月に数回はカルチャーセンターさんに行ってレッスンしています。
大阪以外も兵庫、奈良にも通っています♪
それ以外はアトリエ教室でのレッスンですが、そうですねぇ……
アトリエには20名様程の方が在学されています。
卒業された方とは一緒にお食事に行ったりもして楽しんでいます。
お教室は週に4日程度でしょうかね!?
お教室以外は、サンプル作りや制作をしますので、
丸1日お休みっていうのはあまりないですが、ちょこちょこと気晴らしはしています。
睡眠もちゃんととっています。最低6時間はとるように心がけています♪
--------うーん、聞くたびにご多忙な様子。色々、お忙しいですね!!
ところで、佐々木陽子先生は、協会展でもおなじみの先生で、作品からも自然のモチーフ、たとえば海や太陽、色でいうと「ブルー」がイメージに上がるのですが、そのあたり、ご自身ではどうお感じになられていますか?
(佐々木)沖縄の離島、宮古島に3年程移住していました。
その時はひたすら海を見たり絵を描いたり、南国の植物等を描いていましたので、今でもやはり海系の絵を描く事が多いです。
私が住んでいた島の海の色はとっても綺麗で、今では毎日見る事が出来なくなりましたが、海の作品を見ていると心が和みます♪
---------そうですか、やはりそういう影響を受けているからこそなのですね!!
今現在、大阪でチョークアート活動をされていて、毎日ご多忙かと思うのですが、佐々木先生のオンとオフの切り替えになっているようなチョークアート以外の趣味はおありですか??
(佐々木)私は日々運動をするようにしています。
チョークアート制作中は、手は動きますがなかなか体を動かせないので、1日30分程度はジムに行って運動しています。気持ちいいですよ♪
本当に短時間にまとめて運動しているので、ジムの方には「いつもマイペースで早いですね・・」と言われています(笑)
あとは今ハマっているのは、ベタですが「24」です。
でもあまり借り過ぎると仕事に支障がでますので、ほどほどに(笑)
-------------なるほど!佐々木先生の活力の秘訣はそこにあるんですね♪ (佐々木)はい♪------------では最後に。
看板制作でもお教室での出来事でも構いません。今までで一番印象に残っているお仕事や出来事を教えて頂けませんか?
(佐々木)そうですね、一番印象に残る・・・というよりは日々の事になってしまいますが、お教室で生徒さんと会話をしている事でしょうかね。
チョークアートをしていなかったら出会う事が出来なかった方達と出会えたこと。この積み重ねがとても大きな事になっていると思っています。
----------素敵ですね!人とのつながりをとても大事にされていて。
まだ佐々木先生に直接お会いしていないかたももしかしたら作品は出会っている、ということがあるかもしれませんね。
今日はお忙しいところたくさんの質問をさせていただき、ありがとうございました!
また佐々木先生の作品を拝見するのがとても楽しみになりました!!
(佐々木)ありがとうございます(^0^)
佐々木先生の作品と人柄はこういうところから誕生しているのですね。
佐々木先生のインテリア(写真)もとても素敵!!
みなさん、また日本のどこかで佐々木先生の作品にめぐりあえるのを楽しみにしましょう!
佐々木先生、ご協力ありがとうございました。【編集F】

次回は東京を中心に活躍中の島りか先生のインタビューです。
→ バックナンバー